女性

定期検診と素早い対応が命をつなぐ|癌は初期のうちが肝心

卵巣の癌の症状と治療法

看護師

40代から60代の女性に発症する確率の高い卵巣がんは、初期症状がほとんどないため発覚した時点ですでに進行していることが多い病気です。外科手術や化学療法、免疫療法が主な治療ですが、いくつかを併用して行うこともあります。

More...

病気の見分け方と予防

相談

胆管がんの症状の多くは、黄疸が出るため、それを早期発見して病院にかかることが必要です。早期発見することで、外科的手術や化学療法で治療することができます。日々の生活では、食事に気をつけ、胆石ができないよう注意する必要があります。

More...

定期検診の重要さ

女性

気にならないこともある

毎日正常な方でもかなりの量、癌細胞が作られます。できてしまったものは初期段階では免疫により排除されます。排除されなくても正常細胞の方が優位な状態であれば、癌細胞が増えることはなくアポトーシスにより消去されることが一般的です。癌検診のマーカーの感度はかなり良くなっています。少量でも疑わしきものがあると反応します。初期段階で発見できることも多いですので定期的な健康診断が重要です。特に40歳を超えてくると癌のリスクが高まるため、年に一度検診を受けるか、人間ドックを受けることで初期段階で発見でき、簡単に治療できる確率が上がります。初期段階であれば症状が出ないことがほとんどなので自分を過信し過ぎてはいけません。

手術方法

初期段階の癌であれば、転移が起こっている可能性は少ないため、まずは除去が最優先になってきます。手術できない場所や手術後念のために抗癌剤を用いて治療することもあります。ほとんどの細胞には回復能力があるため、少し切除しただけではそのうち元に戻り、正常細胞に置き換わる可能性が高いです。薬を用いても手術をしても再発のリスクは0にはなりません。1度切除しても転移している可能性や他の部位で新たに発生する可能性を否定できないため、定期的な診察を受けることが大切です。初期段階であれば薬を使いたくない場合、放射線療法で的確に狙い撃つこともできるようになってきました。放射線療法の場合必ず、被爆について同意する必要があります。

生活や症状に気を付ける

医者

すい臓がんの原因は飲酒・喫煙・肥満・遺伝・慢性膵炎・糖尿病などが挙げられ、日常的に気を付けることは飲酒・喫煙・高脂肪、高カロリーの食事などです。すい臓がんは早期発見が難しいがんですが、糖尿病との関連が高いことから血糖値に気を付けておく必要があります。

More...